トップメッセージ

社名でもあるBaruは、インドネシア語で”新しい”という意味で、創業時から、「新しいことに挑戦し続けること」をモットーに活動してきました。

スタッフひとりひとりが、主体性を持って、常に高い目標を目指し、高い基準を追求していくと、今までやったことのない、新しい挑戦を避けて通ることはできません。

ただ闇雲に何でもやれば良いということではなく、やるリスクはもちろん、やらないリスクも踏まえながら、変化を機会にイノベーションを起こしていきたいと思っています。

そして、弊社は、設立10年という節目も超え、次なるステージへ向かって進みます。今後、2020年度東京オリンピックまでに、これまで培ったノウハウを活用し、弊社にとっての新たな柱となる事業領域の確立をしていくための準備を進めております。

Baruは、これからも新しいことに挑戦し続けるという初心を忘れず、新しい価値を創造し、アジアを中心とした世の中の人々に、喜び、幸せ、満足、そして感動を届けて貢献していきます。

有限会社バル
代表取締役 橋本 峰志